何が何だか

中身はない

どうしても高橋文哉に清居奏をやってほしい

 

清居奏、それは凪良ゆうさんのBL小説シリーズ『美しい彼』のメインキャラ(受け)である。

 

私は『美しい彼』の原作ファンで、原作を幾度となく読み返してきた。実写が決まった時なんかはそりゃあもう大喜びして、清居は誰がやるんだ!?ジュニアか!?ジュニアなら佐◯新!?などと永遠に妄想を重ねては理想の美しい彼をこねくりまわしていた。

 

今回のドラマも毎週楽しみにしている。八木さんの清居もツンとしたナルシシズムがあり、ベストキャスティングだと思う。

 

それでも私はどうしても諦め切れないのだ。高橋文哉の清居奏を。

 

そもそもこの思考に至った根拠はいくつかある。

まず第一に、高橋文哉がアヒル隊長(もどき)と一緒に映っているシーンをよく見るからだ。

ヒル隊長というのは、物語上で頻出する平良にとっての救いの一つであり、いわゆる浴槽に浮かぶアヒルのおもちゃである。

たかだかそれだけなのだが、役と密接で絡んでいるわけでもなくアヒルのおもちゃがこんなにコンテンツに頻出する人間を私は見た事がない。

f:id:unxxxxxi:20211203101225p:image

*1

 

f:id:unxxxxxi:20211203101256j:image

*2

(といっても2回だが……)

 

 

次に、

作中の清居は多分ジュノンボーイもしくはメンノンコンテストあたりに出場しているのだが、高橋文哉は男子高校生ミスターコン出身である。

清居は残念ながらグランプリを取ることはなかったのに対して高橋文哉はグランプリをとってAteamの系列事務所に所属した。だが、高校の時に同じようにコンテストに出場して俳優として活躍している点はかなり近しいのではないだろうか。

 

次に、

スクールカーストトップという点だ。

清居はその持ち前のルックスとカリスマ性によって、三角形のてっぺんに立った。多少脅かされる描写もあるが、天性のカーストトップとして描かれている。

また、高橋文哉も男子高校生ミスターコン出場までに9人と付き合い、その後もいわゆる陽キャ雑誌(…)であるPopteenでメンズモデルとして活躍していた生粋のカーストトップなのだ。

 

そろそろ案外共通点多いな……と思えてきた方もいるのではないだろうか。

しかし、まだ根拠はまだある。(根拠?)

 

2人とも役作りで自主的に太ろうとするのだ。

清居は作中、好きな演出家の舞台で役作りとして20kg増量する。これは別に誰に頼まれたわけでもなく、マネージャーに相談することすらなく、清居のシンプルな決意の末である。

 

高橋文哉も『DIVOC-12』内のサイトーという役において、自主的な増量を行った。元々監督が描いていたサイトーという役のビジュアルと自身に乖離があったためらしい。

*3

2人のようにビジュアルが人より売り物になっている人間は本来わざわざ役作りで太ろうとはしないだろう。それでも2人は役者としてそれを行う。そのストイックさも共通しているのだ。

 

また、彼らはアイドルに、スターになりたいと話す。

”テレビの中で歌って踊るアイドルと、自分の全てを捧げるみたいに手を伸ばして狂喜するファン。顔を真っ赤にして、届くはずがないのに必死に手を伸ばし、中には泣いている女の人までいた。

大人も泣くんだ…とその熱狂ぶりはちょっと引いてしまうほどだった。

なんだか怖いなと思いながらも、あんな風に求められたら嬉しいだろうとも思った。

自分の目線ひとつ、手の振りひとつで一喜一憂する誰かがいる。それは理屈抜きに『いい気分』だろう。(中略)その年のクラス文集に『大人になったらアイドルになりたい』と書いた。” 「美しい彼」より

 

"小さいころから仮面ライダーになりたいとかはなかったんだけど、スターになりたいっていうのがあって。やっぱなんかキャーキャー言われたりしたいじゃん。街でさ

ー竹下通り歩いてたらさーなんかもう歩けないくらいになりたいって思ってて小さいころから。だからこれ頑張ったら目指せるんじゃね?みたいな。ほんとにそのくらいの気持ちで始めましたね。"

「【対談】ふみふみにティーンズからムチャブリな質問をしてみた!【Popteen】」より

彼らの願望は、根底では共通しているといえるのではないだろうか。

 

最後に、ビジュアル。

美しい彼 (キャラ文庫) | 凪良 ゆう, 葛西 リカコ |本 | 通販 | Amazon

ドラマCD】ドラマCD 憎らしい彼 美しい彼2 通常盤 | アニメイト

清居のツンとした気の強そうな美形っぷり…

 

とはまた違う美形だが、高橋文哉もかなりの顔面強強人間!

 

f:id:unxxxxxi:20211206131340j:image

*4

 

f:id:unxxxxxi:20211206131343j:image

*5

f:id:unxxxxxi:20211206143604j:image

*6
f:id:unxxxxxi:20211206143602j:image
*7

できる限り清居ぽい写真を選んでみた。

 

いかがだっただろうか

いくらなんでもこじつけだろ!と思った方も多いと思う。それでも、彼にはかなり清居と似通った部分が多いと言えないわけではない…と私は信じている。

ということで関係者の方々、もし機会があれば是非よろしくお願いいたします。(土下座)

 

 

 

 

初エビダン現場

初エビダン現場に行った

 

これまで歌い手から始まり、ジャニーズ、kpop、あんスタ、メン地下など結構いろいろなジャンルに手を出してたけど実はスターダストもといエビダンはハマったことがない。

たぶん今後もハマる予定はないのだが、今回は創造営2021が終わり約半年、

やっと!!!!!!!タイミングが合い佐藤永翔くんを見に行くことになったのだ。

 

もともと、中国プデュにみっちーが出るかもしれない、それにあむといくみんも出ると聞いて中国語を勉強中だった私は、これは絶対に見逃せない!と思い創造営を見始めた。

からしばらく永翔くんの存在に気づかなくて。

わりと日本人の中では推されていた方だと思うけど、結構ぼけーっとプログラムとして見ていた私には顔もそこまで好きでもないし刺さらなかったのだと思う。

 

 

でも、ネオンハニーでリーダーを買って出たとき、人狼一話で自力で推理を話していた時、この世にこんなに切実にデビューを求めていて誠実な人間がいるのかと衝撃を受けた。

他言語で言葉を紡ぐというのは想像以上につらい。当時発音とリスニングに挫折していたので余計に自分より年下の子がこんなに臆せず人とコミュニケーションが取れるのかとちょっと泣きそうになった。

 

それから脱落まで永翔くんをメインに投票し、番組終了後も日々weiboをのぞく日々が続いた。

 

そうしていたら、いきなり来たのだ!現場が!!

実はこれまで番組終了後2回あった現場は情報の取得漏れによりいけず毎度終了後に気づいては涙を呑んでいた。

エビダンは日々膨大な情報をTwitterに流してくるため、顔と名前が全く一致しない初心者にはとりあえずイベントが開催されたら毎回出演者を確認するしかないのだが、余裕で読み落とす。誰もわからん。

 

でも今回渋谷eggmanという前回出演していた会場の情報が書いてあり、もしかして!!!と思ったら名前が!!!あったのだ!!!!!

それに気が付いたのは22日(開催は26日)で多少焦ったものの、そのまま流れるようにチケットを買い、しかも想像より早番を手に入れてしまった。

その上今回のイベントは特典会があるらしい。物販&特典会という響きは1カ月ほど前まで行っていたメン地下で鬼ほど聞いたが、それが"ある"らしい。

 

せっかくなら特典会も行きたい。しかし、エビダン関連には友人が全くおらず、とにかくなにもわからない。大手事務所だからきっとメン地下よりはルールが厳しいだろう、とりあえず一言は話せるだろう、そもそもメンバーカラーは何なんだよ、などもうありとあらゆる疑問を抱え大学から直行した。

 

当日は疲労で電車を3回間違え、朝1時間かけてセットした髪は風に吹かれてぐちゃぐちゃになり、駅からオタクの後をついていったらなにわのにわにたどりつき、もう散々。都内で一番注意力散漫だったと思う。

 

eggmanに到着したら渋谷の奥まった、特に派手でもない場所に場違いなほど自身を飾り立てたオタクが集まっていた。私も例にもれずそうなのだが。

今回永翔くんは3個フォトセットを買ったら1回自身の携帯でツーショットをとれる特典権がつくらしい。

他のメンバーには6個で1枚チェキが撮れるコースもあったのだが、今回のえいしょうくんにはなかった。

1回の上限は9個。

結構チェキを期待していたのと、自身の携帯が画面バキバキのおんぼろだったため当日まで何回とるか悩んだが、最初だしそこまで現場がないように見えたので1回分の上限を買った。

 

入ってみると渋谷eggmanは想像以上に狭く前2列には座席があった。クラブシータくらいかと思っていたのだが、本当に300入るのか疑わしいレベルで少々面食らった、こんなに近くで観れると思ってないし。

 運良く座席をゲットできたのでそこでぼーっとしていると、ぬるっと1人背の高い子がステージに登場した。彼の弾き語りは結構耳触りが良くて、このレベルで歌える子がいるのか!と普通にびっくりした。歌い終わって曲紹介する時にみんな知らないと思うんですけど、みたいな挙動不審オタク喋りだったのも可愛かった。

 

 そのあと別の子に変わり何曲目かで、現場でお声かけして一緒にいてくださった方のテンションが爆上がりしてめちゃくちゃ面白かった。それ以降普通にbelieve×believeにドハマりしている。びりびり!

 

永翔くんがステージに立ったのは二曲、超特急のyellとSEVENTEENの舞い落ちる花びら。yellはさっきのりおんくんと一緒で、直前にネオンハニーを見なおしたから余計に肩幅の広さ、骨格のごつさ、シルバーのネックレスとグッチのベルトの主張にエ〜〜〜怖いんですけど‼️ってめちゃくちゃウケてしまった。想像の中ではりんご10個分のハローキティーだったのに普通に男子高校生の中でもデカい人出てきてもう焦りに焦りまくった、あんなタッパあったんだね…

yellは11月27日の放送でもやっていたけど、放送時より格段にダンスが上手くなっていた。若い人間の進化スピードって本当に追いつかない。子犬とジャニーズJr.と佐藤永翔。どこがどうと言われると難しいが、可動域が広くなっていてどちらかと言うとパワー系のダンスに仕上がっていた。いわゆるパワー系というよりはしなやかさもありながら、体の大きさを生かすと言うか。

話していたことは何にも覚えていないがyellをイェールと言っていてそれは大学名では❓になった。今日もSSをWWって言ってた。かわいい。

 

 舞花は正直流れ始めた瞬間にびっくりしすぎて声出し禁止じゃなかったら盛りなし現場一大声出してた自信がある。まー(INIのきむらまさやさん)の振り付けとフォーメーションでずっと見てたから結構違和感あったけどかなり似合ってたと思う。チケ代は舞花に払ったと言っても過言ではない。 早く映像が欲しい!途中で何故かニヤッとしていてそれが没入感によるものなのか、俯瞰によるものなのか私には判別がつかなかったが前者だと信じている。とにかく舞花が似合っていてよかった。

 正直1人で踊るkpopならフォーメーション移動の美しさまで加味されてるSEVENTEENではなく、振り付けが一人でも完成できるSHINeeBTSあたりでも全然よかったのではないかと思ったのだが、ダンスが表現物として機能していたこと、とても情報量が多かったことなど含め、普通にパフォーマンスに感動してしまった。

 

 全体的にしゃべってる時ちょっと日本語不自由だったように思う。小指の手先って言ってた。小指の手先ってそんなに違和感ないはずなのになんか違う…ってなるのなんでだろう。

あとめちゃくちゃ恋リア出たり遊び回ってそうな子がback numberのクリスマスソング歌ってて普通にあり得ねえ、作中のカップル側だろみたいな気持ちになった 。

 

 終わった後は特典会があった。メン地下と同じ感じかと思ったらほんとにさっさと写真撮って解散してた!

今回は1枚目はハチ公ポーズで、2枚目以降演者(演者?) の指定するポーズなのだが、どのメンバーも後半になるにつれて2枚目以降のネタがなくなっていく様がめちゃくちゃ面白かった。

 ステージに立ってるとオーラが段違いで頭身バランスとかもとても綺麗なのだが、下に降りると意外と普通の子っぽくなるのもエビダン愛しいポイントだった。

 メン地下で推しを探して対バンをひたすら見ていた時私のキンブレを光らせる決め手は頭が小さいこと、ダンスにやる気があることだったのだけれど、全員該当していたからこれが大手事務所か~ってちょっと納得した。

 

 番組中に私は永翔くんのことが性格で好きになった、と思っていた。私の推しには完全性格枠の橋本涼と完全顔枠の金指一世とアイドル性枠の松島聡とスビンとゆうごがいる。まあ彼らについて実際何も知らないのは承知で普段の言動を信頼できるか否か、自意識が強いか否かなどが私の共通している好きの指針なのだ。その中でもともと创4を見ている時永翔くんは橋本涼と同じ枠にいた。でも、実際見てみたら全然自意識アイドル性枠のそうちゃんと近かった。なんというか、少なくともみっちーみたいな自意識皆無人間ではなく、プライド高く自意識人間をしているみたいで良かった。それが今回見た一番の衝撃で、一番テンションが上がったところだった。前置きが長い!(粗品) 普通にかなり楽しかったのでまた次回イベントあったら全然行きたい。運営〜早く舞花見せて〜〜

 P.S.エビダンはスタッフが撮影ミスした時に演者に謝らせないでください!申し訳ないので!

【無課金】あんスタMusicイベで星5を手に入れた

こんにちは!

 

実は、昨日コメットショウイベで守沢千秋さんの星5をやっとこさ!1枚!手に入れることができました!

なので、未来の自分や、無課金だけどどうしてもイベントで星5が欲しい方のために軽く記録を書き残しておこうと思います。

あいにく唐突に思い立ってこちらを記しているので、明確に数字などが残っているスクショなどはほとんど撮っていません!ごめんなさい!許してください!

 

 

 

1.はじめに

今回は12/31 15:00〜1/8 22:00に行われた"変身!星々を繋ぐコメットショウ"にて、350万ptに無課金で到達した方法になっています。

筆者はあまりあんスタに詳しくないので(一般人よりは詳しいと思いますが…)どれくらい今後のイベントと類似しているのか正直全くわかりません。

なので、あくまでこんな感じでできた人がいるんだ〜!くらいで受け取ってください。

 

2.消費ダイヤ

実は当初のダイヤを記録していないのですが確か約4000個でした。

ほぼ無課金(有償単発を回してみたくて数百円程度課金したことがある)レベルの人間なので、プレイし始めた5月ごろからガチャをちょこちょこ回しながらもこつこつと集めた結果になります。

そして最終的に残ったダイヤは2251個でした。

そのため期間中に使用したダイヤは1749(4000-2251)になります。

しかし、そのうち825個は1月1日から始まったお正月の大吉星5確率2倍ガチャで11連×3回((250+25)×3)です。

なので、BP回復に使ったダイヤは実質約924個といえます。

 

f:id:unxxxxxi:20210108185351p:plain

最終ダイヤ数
3.火力

今回私が走るために組んでいたユニットはいくつかあります。大吉ガチャで星5をいくつか引くことができたので、そのたびにユニットを組みなおしていたためです。

ですが最初のほうのユニットは全く覚えていないため、だいたいで行きます…サポートには気を使ってません…(雑)

最初

 

属性がバラバラなのでwalk with your smile とbrand new stars!!を永遠に回していました。だいたいライブ前に出る総合値が73万くらいで、フルコンだとスコアがS+を少し超えます。

 

最後

属性をそろえて青だけで永遠回しました!総合値だけで見ると最初より下がっていますが、トリスタのONLY YOUR STARS!でプレイすると82万、ほかの青楽曲でも79万くらいになります。これでフルコンだとBP10で25000pt前後を得ることができます。

 

4.プレイ時間

ここでもほとんど記憶がないので一週間のiphoneからのプレイ時間画面を出したら、だいたい9時間でした。(最終日の今日はもう星5を取り終わっているため除いています。)

この中で育成などに使った時間を抜くとだいたい7時間半から8時間半程度になります。日によって違いますが、多い日は3時間弱くらい、少ない日は1時間くらいたたきました!たぶん!!!

 

5.最後に

今回私が無事に無課金で一枚取れたのはダイヤをちゃんとためていたからだと確実に言い切れます。

無課金の人はダイヤを頑張ってためましょう…!絶対に!なにがなんでも!!!ダイヤをためることを最優先に!!!!

また、特攻はなくてもどうにかなります。350万ptレベルだったらたぶんそんなに大きな差は出ないのかな…と。

私はやっている最中、もう二度と走らない…と半分ノイローゼになっていました…

最後に簡単な経過記録を置いておきます。

日付    ポイント    獲得pass(枚)

12/31 12万pt 320
1/1 25万pt 0
1/2 40万pt 580
1/3 70万pt 1852
1/4 93万pt 2752
1/5 201万pt 2241
1/6 236.5万pt 3721
1/7 350万pt 0

 

こちらが少しでも参考になったらうれしいです。一緒にソシャゲ頑張りましょう…!泣

 

じゃに~ず主演でもまともなドラマが見たい!(独り言の殴り書き!)

ネタバレ含みます

 

先日、自分のTLで今期最も多く萌えが観測されたMIU404というドラマが終わった。このドラマは流行した逃げ恥やアンナチュラルなどをかいた野木亜紀子脚本のものであり、その社会派ぶりや、警察のバディものである部分などからハマった人間が多く見受けられた。

実際、筋道は通っているし、倫理的な問題はほぼないし、面白くてキャラクターは魅力的で演者に問題もなく本当に文句のないドラマだったのではないだろうか。私個人としては最終回にどうしても許せない部分があったのだが、それは置いておく。

 

そしてその一方でドラマ未満警察も先日終わりを迎えた。

このドラマは、2020年のになるや否や他局でカウントダウンコンサートが行われているさなかに発表されたジャニーズの人気の若手を二人起用した大々的なプロジェクトでもある。

実は、未満警察も社会派ではないものの同じように警察のバディものであった。しかし、話題という観点からするとそこまで振るわなかったのではないだろうか。

 

また、それとは別に真夏の少年というドラマも放送中である。このドラマもまたジャニーズJr.のグループを主演に起用している。

 

この三つをみてジャニーズが出演するだけでその作品が人気になる時代はもう終わったんじゃないかなと私は強く強く感じた。そもそもそんな時代があったのかも私はよく知らないのだが。

 

たしかに今を時めく野木作品と並べるのはどうなのかと思うかもしれないが、それでも地上波の民放のゴールデンで、なおかつ警察に関するバディものというところまでMIU404と未満警察は同じなのだ。

 

ここまで同じなのに、なぜ片方はこんなにもどうしようもない話になってしまったのだろうか。同じ土俵でバトルしているはずなのに。紙相撲だったら片方はボール紙で片方はスーパーのチラシだ。たちもしない。

 

未満警察の最終回では人殺しが警察官を目指して警察学校に入学していることが発覚するし、そもそも一話で主人公たちが性犯罪を行うようなシーンがあった。モラルも筋道も意味が分からなくて最終話なのにそんなことあってたまるかー!と家で何もかも投げ出したくなった。

 

真夏の少年でも、主人公の一人に片思いしている女の子が住居侵入罪をおかしていたりストーカー行為を行っているのに最終的にその相手が思いを返したり、毒親も相手のことを思って行っているのだから、、、と肯定する描写も出てくる。後者はまだ私個人の嫌悪感であるのかもしれないし、私が読み取れていないだけかもしれないが、前者に関しては明確にどこからどう読み取っても犯罪行為であった。

 

そういうずさんな話を見続けるのはつらい。見なければいいと思うかもしれないが、そのタレントを推している以上見ないという選択肢はほぼ用意されていないに近い。

ジャニーズが出演しているドラマはいつまでたってもジャニーズが出演していることに重きがおかれていて、ドラマなのにその中身が重要視されていないのかもしれない。いくらずさんな話でもジャニーズが出演しているからみんなそんなこと気にしないと思われてるのかもしれない。

実際は、気にはしているがドラマの評判は演者の評判に直結するため文句を言えないのだと思う。要は推しを人質にとられている。つらい。これ以上 意味が分からない、倫理的もおかしいドラマを生産しないでほしい。生産するなら地上波じゃなくていい。ゴールデンで放送するならそれなりに倫理的にも構造的にも問題のない話にしてほしい。は~~~~~~つら。今日も好きな人たちは可愛いのにな。ノンストレスオタクライフはいずこに。(いみわかんない殴り書き!)

 

 

 

letter(2019.8)

お元気でしょうか?
元気じゃないから休んでるんだよっていうマジレスはやめてください。
はじめ方がわからないのでこうなりました。ごめんなさい。
そうちゃんがいなくなってからもう半年ですね。
なんにも音沙汰がないけれど、依存するところが無くなって私は少し安心しています。


あなたが突然目の前からいなくなった11月28日。
携帯が禁止されていた私は夜10時半頃に塾から帰ってきて事の詳細を知りました。前から毎日更新されていたブログが更新されなくなったこと、ヒルナンデスの出演が急遽取り消されたことからインフルか?って言われていたのであなたがベストアーティストに出てることに期待はしていなかった。出てるといいなくらいの気持ちだった。でも違った。
絶対嘘だって思いました。酷いけれどひと月前に同じ病気で休んだ人がいたから何なんだ?嘘だ!インフルでしょ!って。

でもその後の歌番組にはもちろんいないしバラエティーもいない。
ついにはアイドル誌にも来月からはいませんのような言葉が書いてあってあぁ本当にこの人はアイドルでいることをお休みするんだってやっと納得はできないにしろ理解しました

実はツアーはうまくいけば横アリには復帰してるかなと思って申し込みました
復帰してなくて悲しかったけれどすごく演出が面白いコンサートだったからいってよかったなってちょっぴり思いました
でもあなたがいなかったから見るところなかったな
4人がいくら頑張ってくれても4人が埋めてくれるところとあなたがいなくて空いた場所は別みたいです

そうちゃんはタピオカを飲みましたか?わたしはいろんなところへ行くたびに飲んでました
新宿の台湾舐商店がおいしいです。あと春水堂

大学はあんまり楽しくないです
ちょっとした外見至上主義とぶちあたっています
たぶん外見至上主義とかそうちゃんに会えればどうでもよくなっちゃうのに!
でも次にそうちゃんの現場決まったらもっと可愛くなれるようにします ゴスロリも着ます
だからちゃんと元気になってください
情緒不安定みたいですねごめん

天気も情緒不安定だから体調とカビに気を付けてください
よかったら球場来てね エネルギーのかたまりみたいなところだよあそこ

ゆうぴのドラマみて、かなぴーが進化してるのを見て、やっぱりあなたのパフォーマンスがみたいな、演技がみたいなって思っちゃった
そうちゃんがいつか単館映画の脇役でアカデミー賞の新人賞をとるのを夢見ています

そのためにもやっぱりちゃんとお休みしないとね

毎日ちょっとのアイスクリームさえあればたぶんみんなしあわせになれるよ

そうちゃんがしあわせだとかんじる毎日を過ごせていますように
他人に縛られないで好きなように生きてくれますように

gdgd(2019.2にかいた)

こういうこというとまた面倒なことになるかもしれないけど、ずっと思っていたので書いておこうと思う。

私の推しは松島聡くんだ。ジャニーズ事務所のアイドルグループSexyZoneに所属中。で現在休養中。

松島聡くんのことが好きな理由はいっぱいあるけど、ステージ上の姿に胸がときめいたから。最高だったから。

あと、中身が一番私と似たタイプの人間だと感じたから。

 

だから、今はもう見てないから知らないけどアンチにサンドバッグでもそんなに殴らねえよっていうくらいぼこぼこにされてた時は落ち込んだ。

 

似てると思うところはいろいろあるけど例えば、親しい人でも誘いを断るところ。

こないだのmyojoでも勝利くんに誘いを断るといわれていた。

私もよくやる。一番仲のいい友人もよくやる。

ずっと同じ人と一緒にいるとその人のことを嫌いになりそうになるから。

いやだなって少しでも思っても、一時的に距離をおいたらなんとなくその人が恋しくなってまた一緒にいるのが楽しくなるから。予防線。知恵。ちなみにその友達も理由は同じだった。

 

あとは虚言癖っていわれてたところ。

そもそも虚言癖って0から登場人物まで作って事細かに話をでっちあげることだから(辞書にそんなことかいてあった)、ああいうのは虚言癖って言わない。とおもう

 

そうちゃんは空気に応じて求められたからうそをついてるようにしか見えなかったし。

 

嘘じゃなくてもあそこで求められてたのは嘘って言葉だったから。これも私の主観。

 

私はもっと悪い。0から話を作るほどの想像力はあいにくないので、別日のことを昨日って言ったりする。なおしたい。

 

努力が続かないみたいなのも言われてた。

わたしも3か月しか続かない。

結果が出ないことは必要以上に頑張りたくないし。

なんとなくだけど、そうちゃんはずっと生き急いでたようにみえる。アイドル人生を。

まだ21なのに。まだ8年目?とかでしょ? 

 

そうちゃんは自分の将来構想を多分ちゃんと考えたことがないのかもしれない。だから、努力が継続しない。かなり早い段階でアイドルとして永久保証されたっていうのもあるかも。

早い段階でアイドルになったのはほかのメンバーもだけど、ほかよりずっとアイデンティティを見いだせてない。ようにみえる。アイデンティティを見いだせてない人が将来どうなりたいかなんてわからないよ。

自分が将来どうなりたいかより今を生きるのに必死だったのかなあ。今目の前に仕事があって、人がいててやらなきゃいけないことが山積みで。

今回休養になって、もしかしたらジュニアを途中でやめて普通に地元で学生生活送って就職するほうが幸せだったのかなとか、もしかしたら人気ジュニアだったかもしれないよなっていろんなありえた未来を考えた。でも私は松島くんがいまセクゾでアイドルしてくれてたからすきになった。それ以外は推せないしそもそも出会えない。多分田舎でハタチそこそこででき婚してる。

 

あと一番言われてたのはバカ

 

これからかくのはあくまで持論なんですけど、

私は生まれてから今までずっと50メートル走2ケタ秒だし、二重とびも逆立ちもできてない。でも、こういうのは「運動神経がない」、つまり「向いてない」で処理される。成績はそうしてくれないけど。それは運動ができない人がそこそこいるからだし、これで理解が得られるから。

 

度を過ぎて頭が悪いっていうのは運動神経がないと一緒で、勉強するのが「向いてない」んだとおもう。

小学校の時にどれだけ教えても掛け算ができない人とか、モノが覚えられない人とかクラスに一人くらいいたじゃないですか。

でも、クラスに一人くらいしかいないから、だいたいの本を読んだり勉強すればどうにかなるマジョリティが「努力してないから」っていう。私もそっちの立場の人だった。

 

ちなみにスペルを覚えるのも才能で、ときたまそういう才能がない人が理解を得られなくてぶっ叩かれるってことがあるらしい。

 

そうはいったけどヒメアノールで感動したそうちゃんが話す朝井リョウの感想がとても聞きたいので朝井リョウの本は読んでほしいな。多分読まないと思うけど。

 

あと卑屈なのはしょうがない。そもそもそうちゃんのことを卑屈だなんて思ったことないが。

でも、もし、ルックスがとびぬけてるわけじゃない自分が経験浅いのにデビューすることになって、同じグループに一歳しかかわらない橋本環奈とかなり年下のミスインターナショナルがいたら相当メンタルきつくないですか?そういうことです

 

 

最後に

そうちゃんは似てないと思うかもしれませんが、きみのちょびっとの内面だけは似てると思って毎日生きています。似ていることで少しだけ肯定できるようになりました。えらい。

 

アイドルオタクにはいろんな種類があるけど、ちょっと前の私みたいに性質の悪い「アイドルという生身の人間でおままごとをしたい人」が今の社会にはいっぱいいる。

 わたしはもうおままごとをする予定はないけれどそれでも何で私の思った通りにこの人たちはできないんだろう、嫌いだ、って人がいっぱいいる。

その人たちは心のどこかでアイドルのことを見下してる。自分の所有物だと思ってる。気が付いてないけど。

 

 

アイドルは人間が精いっぱい偶像になろうとしている過程だ。そんなの全力で肯定するしかない。

ステージに立ったそうちゃんは誰にも負けない。とってもかっこいい。もちろん私にも似てない。わたしはそうちゃんの身体表現が好きだからもっとダンスが見たいし演技が見たいし舞台がみたい。いろんな可能性を抱きしめてキラキラしてる。いいなあ。うらやましい。本当に憧れだ。love

 

 

*1部屋に立ち込めた救えない憂鬱をおいしそうによく噛んで飲み込んだ。

でもたまにはその憂鬱を吐き出してもいいし別に飲み込まなくてもいいんじゃないかなあ、なんて。

 

 

 

きらきらした困り顔の笑顔にまた会いたい。それまでにお部屋のお掃除と好きを伝えられるだけの語彙力をつけておきます。

 

 

 

 

*1:米津玄師 メランコリーキッチン